賢い女はこう生きる

マーケティング経験を生かし、「自分自身をマーケティング」をすることで、”自分”という世の中に一つしかない”価値のある商品”を、少しでもうまく売る(生きる)方法をお伝えしています。

憧れの人・会いたい人に会う方法

あなたの、憧れの人や、会いたい人、という人は誰だろうか?

 

 

 

 

{30CA2E9E-3C48-4986-8942-35C12B1CD054}

 

 

 

 

 

 

大抵こう言う質問をされると、日常的に会うことができない人を挙げる人がほとんどだと思う。

 

 

よって、どうせ会えないわよ、と思いがちだ。

 

 

が、これって実はとても叶いやすいのだ。

 

私は確か3年くらい前から、毎年年初に今年中に会いたい人をリスト化している。

 

 

そうすると、

 

 

あら不思議、

 

 

大体、リストの中の半分くらいの人に年内に会うことができているのである。

 

 

 

50%という、驚きの確率。

 

 

 

こらは決して私の会いたい人が隣に住んでるおばさんだったり、

 

隣の会社のとある女性、などと言ったハードルが低い人だ、というわけではない。

 

 

 

これを読んで下さっている皆さんが

間違いなく全員の存知の方達だ。

 

 

 

会った方法は、握手会だったり、

講演会だったりすることもある。

 

 

 

きちんとご挨拶できることもあるし、

 

 

何なら、

 

 

ジムのトレッドミルでテンポ良く歩いていたら、

 

私の目の前を横切る、

 

 

なんてこともあった(笑)。

 

 

 

相手によって実際に会う形式はバラバラだ。

 

 

ただ、これって自分が願ったことが着実に叶っているということ。

 

 

もし年初にリスト化していなければ、おそらくその人に会える確率はぐっと下がっただろう。

 

それは自分自身が意識しているかしないかの問題でもある。

 

 

人間は意識し出した途端に、視界に自分が必要なものが目に入ってくるように作られているから。

 

私の場合、リストの半分は翌年に繰り越しになったり、興味が失せて消えてしまったりする。

 

ただ、ここ数年会いたいと思った人の半分に会えているというのは、

 

 

ある意味自分が夢を叶える力がある、という自信にもつながる。

 

 

今年も残す所あと4ヶ月。

 

 

あなたの会いたいひとリストを作って、実際にその人たちに会ってみる、

 

 

考えてみるとワクワクしないだろうか?

 

リストを作るのはタダ。

 

書くだけ書いてみる価値はあると思う。