読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

賢い女はこう生きる

マーケティング経験を生かし、「自分自身をマーケティング」をすることで、”自分”という世の中に一つしかない”価値のある商品”を、少しでもうまく売る(生きる)方法をお伝えしています。

自分の生き方に迷いが生じた時、自分に聞く質問

自分の生き方が、正しいのか間違っているのか迷ってしまうことはないだろうか?

 

 

もちろん全体的に間違っていると認識している人は、そもそも根本的に一から考え直した方が良いのだが、

 

都度のきちんと考えた上で物事を選択し、選択に従って着実に行動に移して成長してきた人でも、ふとした時に迷うことはあると思う。

 

 

 

それは、「自分の職業」などという大きな選択だけではなく、自分の「生き方」のほんの一部だったりする。

 

 

 

 

 

・例えば、いつも一人で頑張っている人。

 

人に頼ると迷惑になって悪いと思ってしまい、自分で全てを解決するように努力をし続けてきたので、結果なんでも自分ひとりで解決できてしまう人。

 

周囲には”できる人”だと思われてしまっているけれど、その陰には人一倍の努力があることを人は知らないし、気付かない。

 

 

 

・例えば、良い意味でとても真面目な人。

 

人に対して誠実であるために、約束は100%守り、どんな小さな約束だって破るなんて問答無用。相談を持ち掛けられたら、まるで自分の事かのように相手の立場になって真剣に考え、自分の時間を削ってでも相手の役に立つように色々と対応してあげる。

 

でも実際にそういった相談をもちかけてくる人に限って、こちらの好意にさほど感謝もしなかったり、立場が逆転したは、自分がやってあげた10分の一も対応してくれなかったりする。

 

 

 

 

そんな人生を繰り返していると、たまにどっと疲れが襲ってきたり、何もないのに急にむなしくなったりしてしまうことがある。

 

 

 

そしてふと、「自分の生き方が正しいのか否か」という考えが頭をよぎる。

 

 

 

 

 

 

心配しないでほしい。

あなたの生き方は正しい。

 

 

 

人に迷惑を掛けないように努力することは素晴らしいし、相手の立場に立って考えてあげることも誰もができることではない。

 

 

 

だって多くの人はそれすらできない人なのだから。

 

 

 

ただ正しい生き方をしているのに、そのせいで肝心のあなた疲れを感じてしまったり、むなしくなってしまったりしていたら、もったいない。

 

 

だってせっかく正しいことをしているのだから。

 

 

 

 

そんな時、自分に聞いてほしい質問がある。

 

それは、

 

 

「80歳のあなたは、今のあなたをみて、どんな言葉を掛けてくれるだろうか?」

 

 

 

もちろんあなたが80歳のあなたに会うことは一生ない。むろん私もない。

 

ただ、想像してみてほしい。

 

 

 

 

頭が白髪になって、縁側でこぼれみの中、庭を眺めながら、ゆったりお茶を飲んでいる80歳のおばあちゃんのあなた。

 

 

 

少なくとも今のあなたの2倍の人生の生きてきた、酸いも甘いも経験済みの、人生経験豊かな80歳のあなた。

 

 

十分な歳を重ねてきたので、ちょっとやそっとや感情的になったりしない、どっしり構えた80歳のあなた。

 

 

80年間も「あなた」という人間を生きてきたので、あなたの性格や本質をよーく理解しているし、いかに努力を重ねてきたかもよーく知っている。

 

今のあなたがなぜその生き方を選択しているかもよーくわかっている。

 

 

 

だって80歳のあなたは、今まであなたの人生を全て経験してきたのだから。

 

 

 

 

そんな80歳のあなたは、今のあなたにどんな言葉を掛けてくれるだろうか?

 

 

 

 

 

もし常に一生懸命で、いっぱいいっぱいに張り詰めた状況が続いているのであれば、

 

ひょっとすると

 

 

「少しゆっくりして大丈夫じゃよ。そんな精神状況じゃ、数年先に身体を壊してしまうのを私は知っとるで。あなたの今までの頑張りりからしたら、少しくらいゆったりしても大丈夫なのじゃよ。少しゆったりしてまたスタートすれば良か。」

 

 

と言ってくれるかもしれない。

 

 

 

 

もし誰にも頼らずに頑張り続けているのであれば、

 

 

「少し肩の力を抜いたらどうかね?深呼吸じゃ。肩肘張らんとも、同じことをするんでも、もっとリラックスしてゆったりしても、あなたなら同じ結果が出せるんじゃ。顔の表情も変わってくるけんな。」

 

 

と言ってくれるかもしれない。

 

 

 

 

 

もし何かをやろうとしているのに一歩が踏み出せないのであれば、

 

「思い切ってそれをやってみたらどうじゃ?実際やってみると何とかなるもんじゃ。やりたいことは全部やらんと、あなたは絶対後悔するよ。」

 

 

などなど。

 

 

 

 

 

80歳のあなたは、あなたのことをよーく理解してくれているはずだから、誰よりもベストなアドバイスをくれるはずだ。

 

 

 

 

 

ゴールデンウイークでお休みの方も多いだろう。

 

じっくり自分のことを考えてみる良い時間になるかもしれない。