賢い女はこう生きる

マーケティング経験を生かし、「自分自身をマーケティング」をすることで、”自分”という世の中に一つしかない”価値のある商品”を、少しでもうまく売る(生きる)方法をお伝えしています。

もしかして、あなたは一生懸命”仕事”をしていない?

まさか、あなたは一生懸命”仕事”をしていないだろうか?

 

 

 

当たり前でしょう?という方。

 

 

それではあなたは何のために仕事をしているのだろうか?

 

 

もちろん生活のためよ、という方。

 

 

それではあなたは何のために生活をしているのだろうか?

 

 

生きていくためよ、という方。

 

 

あなたはどのような人生を送りたいと思っているのだろうか?

 

あなたの人生のゴールは何だろうか?

 

 

 

 

おそらくほとんどの人は、自分の人生を幸せな人生にしたいと思うだろう。

 

 

 

そのためには、

 

仕事を一生懸命するのではなく、自分磨きを一生懸命することに注力したほうが良い。

 

 

仕事はあくまで、”自分磨きのツール”だということを認識すること。

 

 

よって、この書類を全部締め切りまでに終わらせる、などと言った”仕事をこなすこと”に一生懸命になっているのではなく、

 

 

仕事をいかに自分磨きのツールとして認識し、いかに仕事を活用して自分に磨きをかけられるか、にフォーカスするのだ。

 

 

 

よく、コピー一枚取るのも、どうやったら相手に感謝してもらえるようにコピーを取るかの工夫する・・・・・

 

 

などという、”いかに他人目線で自分の行動の価値を上げるか”にフォーカスしたアプローチを薦める人もいるが、

 

 

私はこのアプローチは好きではない。

 

 

 

 

私がお薦めする方法は真逆で、他人にフォーカスするのではなく、自分にフォーカスするアプローチだ。

 

 

例えば私がサラリーマンの時も、私の専門はマーケティングだった。

外資系だったので何度も転職している。

 

 

よって転職するたびに、マーケティング能力がいかに他の同業者より優れているか、生命線となる。

 

 

 

そこで私は、最終的に、”マーケティング能力を総合的にバランスよくつけたマーケター”になっていることを目標とした。

 

 

そこで私は転職をするために、今の自分のマーケティング能力の中で、”欠けている点”を補うことができる会社を転職先とした。

 

 

・データ分析の経験が少ない=>データ分析を大量に行う会社に転職

 

・大きな会社のマーケティング経験しかない=>予算規模の小さい会社に転職

 

・新製品開発をしている会社しか経験がない=>製品開発がない会社に転職

 

 

といった感じだ。

 

 

 

結果、毎日の仕事をきちんとこなしていれば、最終的に”バランスのとれたマーケティング能力”を身につけられているようにしたのだ。

 

 

 

仕事はあくまで最終的に自分がいかに磨かれているか、のためのツールだからだ。

 

 

 

 

今一度、今の自分を俯瞰してみよう。

 

 

そして、どのようにすれば、仕事をあなたの自分磨きのツールにできるかを考えてみよう。

 

 

 

1日の中で仕事に費やしている時間は一番長い。

 

ほって、その仕事をただ一生懸命こなすことはやめて、結果自分磨きになっているように持っていってしまおう。