賢い女はこう生きる

マーケティング経験を生かし、「自分自身をマーケティング」をすることで、”自分”という世の中に一つしかない”価値のある商品”を、少しでもうまく売る(生きる)方法をお伝えしています。

毎日笑顔でいるにはどうしたら良いか?を考える

 

昨日の記事で、今の自分のままの延長線上の、

  

20年後の自分の姿想像してもらった。

 

 

 

そこに理想通りの自分がいた人は、今まで既に色々な努力をされてきたのだろう。

 

 

 

理想の自分を手に入れるために、トライアンドエラーを繰り返し、

 

着実に前進されてきたのだと思う。

 

 

 

素晴らしい

 

 

 

 

しかし、そこに理想の自分がいなかった人は、

 

 

まず、

 

 

毎日自分が笑顔でいるのは、どうすれば良いかを考えてみよう。

 

 

 

自分を笑顔にしてくれることを色々と思い返してみる。

 

 

 

 

 

 

 

それは決して、テレビで至近距離西島秀俊を見ている時や、 

 

 

 

自撮りした写真が、奇跡的に写りが良かった時、

 

 

 

 

などといった表面的なことではなく、

 

 

 

 

 

 

 

千疋屋のマンゴーを口に入れた瞬間や、 

 

 

 

年賀葉書の下1桁ではなく、下2桁が当たった時、

 

 

 

 

 

という一時的なことでもない。

 

 

 

 

 

もっと本質的なことで、

 

 

 

自分をを動かし、

 

 

 

自分を笑顔にしてくれることを思い出すのだ。←いや、私は心を動かすほど西島さんが好きだ、という人がいたら、もう・・・・それはオッケー。

 

 

 

 

 

 

例えば、

 

 

人を笑わせた時、

 

で最高に綺麗な夕焼けを見たとき、

 

時間を気にせずたっぷり寝たとき、

 

人の目を気にしないで思ったままに行動したとき、

 

海外旅行に行って違う文化に触れ合ったとき、

 

人に感謝された時、

 

天気の良い午後、自宅でゆっくりお気に入りのカップで美味しいコーヒーを飲んでいるとき、

 

 

 

 

 

挙げれば、無数にあるはずだ。

 

 

 

 

 

 

そして常にそれらができる状態に、自分の生活を持っていくには、

 

どうすれば良いのかの方法を考えるのだ。

 

 

 

 

 

もちろん、あなたが不労所得ではない限り、何もしないで生きてはいけない

 

 

 

 

ただ、自分がより多くの時間笑顔でいられる働き方、生き方は必ずあるはずだ。

 

 

 

 

じっくりじっくり考える

 

 

 

 

 

20年後の自分は、もっともっと笑顔でいてほしいから。 

 

 

 

そのためには、ただ待っていても何も変化は起きない。

 

 

 

他の誰か笑顔にしてもらうのを待つのではなく、

 

 

自分で自分を笑顔にできる状況を作らなければいけない。

 

 

 

 

 

そのためには、

 

 

まずは自分がどんな時に笑顔でいるのかを”認識”することからはじめてみよう。

 

 

 

 

 

あなたの20年度が笑顔であふれているように